2011年11月15日

東北ふるさと交流会in一宮vol.2(中日新聞2011/11/15朝刊尾張版p19)

111115cnpe19東北ふるさと交流会一宮2_R.jpg


東北ふるさと交流会in一宮vol.2(中日新聞2011/11/15朝刊尾張版p19)
posted by ずっと...事務局 at 17:16| Comment(9) | リンクや関連情報

2011年11月06日

2011/11/12 東日本避難者向け「ふるさと交流会」第2回開催

111112ふるさと交流会in一宮bill111103_RR.jpg


 思い出深いふるさとを離れ、慣れない土地での生活を送られている皆様には不安とともに、生活環境の違いによる戸惑いも少なからずあると思います。
 皆様にとって、この交流会がふるさとの言葉でお話しし、ふるさととのつながりを持てる憩いの場となれば幸いです。
 お一人でもご家族とでも、もちろん親戚とご一緒でもご気軽に参加ください。

【日 時】 2011年11 月12 日(土)11:00−15:00
【場 所】 com-cafe 三八屋 一宮市本町4丁目1−9電話(0586)27−4838
【対 象】 東日本大震災を機に愛知県に避難されてきた方、およびそのご家族・ご親戚
(自主避難の方もご参加ください)
【参加費】 無料(昼食・喫茶含む)
【定 員】 30名(先着順)

■内容
 食事、お茶を楽しみながらの座談・交流
▼次の内容も同時に予定しています
 -行政、民間の支援内容の紹介
 -原発損害賠償請求、被災者ノートの相談
 -弁護士、司法書士による個別相談

※お子さんと遊ぶボランティアもいますので、小さなお子さん連れの方もお気軽にご参加ください。
※交通費として、1家族2,000円 をご支給いたします。

一宮生協からは、「生協食材を使用した手作り昼食」、三八屋からは「オリジナルブレンド珈琲」のおもてなしがあります!!

■お申し込み・お問い合わせ
愛知県被災者支援センター
TEL : 052‐954‐6722  FAX : 052‐954‐6993 
E-mail : mousikomi@aichi-shien.net
【受 付 時 間】 10:00〜17:00(月曜〜金曜)
【申込締切】 11月10日(木)
【申 込方法】 代表者のお名前、電話番号、参加人数(お子様連れの方は年齢)を、お電話又はFAX、メールにてお申し込みください。
※頂いた個人情報につきましては、この交流会以外では使用しません

17:00以降および土日の連絡は下記までどうぞ
ずっと...被災者支援チーム (今井田)
TEL:080-4212-9347 ichinomiya.sien.net@gmail.com


主催:ずっと... 被災者支援チーム
共催:一宮生活協同組合(COOP)、NPO法人 志民連 いちのみや、愛知県被災者支援センター
協力:一宮市、一宮市社会福祉協議会
posted by ずっと...事務局 at 11:58| Comment(0) | スケジュールや予定

2011年10月03日

安城&一宮七夕ミーティング(2011/10/2)

「安城&一宮七夕ミーティング」が安城市市民交流センターで開催された。
2011/10/2 19:00〜21:00

IMGP4692_R.JPG

交流センターのロビーには、東北関連の写真や資料がたくさん張り出されていた。そうだ、ここは愛知ネットが運営しているのだった。

IMGP4705_R.JPG

挨拶は鶴田さん。安城の商店街とまちづくりのリーダー。この人あっての安城。
そのななめ後ろにteam LOVETANABATAをつくり、今回の大船渡支援をスタートさせ、私たちを安城へ呼んでくれた小島さん。7月には逆に小島さんに一宮へ来て、七夕と東北支援について語ってもらった。

2011-10-02 18.56.01_R.jpg

ここのページにもアップしてあるチラシとは違うポスターが貼ってあった。

IMGP4720_R.JPG

星野が一宮のラブたな活動と「ずっと...」支援活動の全体を説明し、安井聡太郎さんが一宮から陸前高田への支援を、谷口庄一さんが同じく遠野・陸前高田への支援を、写真を見せながら説明。その後、安城の大船渡支援に関するキャッチケーブルテレビの30分番組を見て、意見交換した。

IMGP4715_R.JPG

終わってからは駅前の花の舞へ移動して懇親会。慌ただしく一宮へ戻ったが楽しい時間だった。

思えば、愛知ネットの天野さん、そして小島さんが色々と橋渡しをしてくれたことから「ずっと...」の「祭り支援」はスタートした。感謝しつつ、次の連携と支援を考えていきたい。
posted by ずっと...事務局 at 17:30| Comment(0) | レポート(報告)

[2011/10/10]「東日本大震災写真展」で「ずっと...」報告会

111001to25東日本大震災写真展佐藤正晴ハガキ_R.jpg


佐藤正晴さんによる「東日本大震災写真展」が一宮市立豊島図書館で開催される。
2011/10/1〜25 10:00〜18:00

その中で、様々な一宮発の支援活動の報告会があり、「ずっと...」の報告会も行う。
10月10日(月・休)13:30〜15:00 一宮市立豊島図書館にて

タグ:一宮
posted by ずっと...事務局 at 17:10| Comment(0) | ニュース(最新情報)

[2011/10/2]一宮&安城七夕ミーティング

111002一宮&安城七夕小島110903.jpg

2011年七夕まつりが生んだ、新しい地域連携のカタチ。

一宮&安城七夕ミーティング

一宮七夕まつりの市民ボランティアの方々を迎え、被災地との連携企画等の取り組みを報告し合います。

安城の七夕まつりのボランティアグループは「team LOVE TANABATA」、通称ラブタナですが、一宮で活動するボランティアグループの名前も「ラブたな」です。奇遇にも同じネーミングの七夕を愛するグループが、2011年、安城は大船渡市、一宮は陸前高田市、遠野市と、同じベクトルで被災地との連携企画に取り組み、また互いに情報交換や短冊の共同装飾なども行い絆を深めました。安城のプロジェクト名となった「ONE HEART TANABATA」は、被災地だけでなく実は一宮ともつながるきっかけを生み出したのです。安城、一宮、両市の取組の報告や、今後の方向性、また地域連携のあり方などを皆さんと一緒に考えたいと思います。

●日時/2011年10月2(日)19時〜21時
●会場/安城市民交流センター(わくわくセンター)多目的ホール
●内容/一宮、安城の事例発表・ディスカッション
キャッチ・大船渡七夕密着ドキュメント「肴望のバトン」上映会
●主催/teamLOVETANABATA、安城まちづくり市民会議まちづくり委員会
●問い合わせ/090−3560−7711(小島)
タグ:七夕 安城 一宮
posted by ずっと...事務局 at 17:03| Comment(0) | ニュース(最新情報)

2011年09月17日

「ずっと...」のステッカー

「ずっと...」のステッカーをいただきました。
「ずっと...」のメンバーで、カーレースをしている井上さんが、車体に貼りつけて「ずっと...」の宣伝をするべく作ってくださったもので、皆さんにもお分けするようにとのことです。

「ずっと...」のメンバーのこと、ご入り用の方、ご連絡くださいね。

2011-09-17 11.31.26_R.jpg
posted by ずっと...事務局 at 11:38| Comment(1) | ニュース(最新情報)

2011年09月02日

【仙台からお返しの「七夕飾り」】西国新聞

仙台からお返しの「七夕飾り」
2011年8月31日 01:11 カテゴリー:九州 > 福岡

 認知症のお年寄りなどが通う太宰府市の小規模多機能型施設「ふれあいサポートゆうしん」が、東日本大震災で被災した宮城県多賀城市の同施設「美(み)の里(り)」と交流を続けている。今月中旬には美の里の高齢者が作った仙台七夕飾りが届いた。ゆうしん側は「お互い会えないけれど、気持ちが通じます」と喜んでいる。

続きを読む
posted by ずっと...事務局 at 16:44| Comment(0) | リンクや関連情報

2011年08月31日

「全国の学生がユニークな復興のアイデア提案 仙台で発表会」河北新報

全国の学生がユニークな復興のアイデア提案 仙台で発表会

 東日本大震災からの復興アイデアを学生たちが提案する「日本を創り継ぐプロジェクト」(野村総合研究所、NTTデータ主催)の発表会が25日、仙台市青葉区の仙台国際センターで開かれた。
 宮城県を含む全国の学生21人が4チームに分かれて参加。被災地での聞き取り調査も反映し、検討したアイデアを映像や寸劇を交え、審査員にプレゼンテーションした。
posted by ずっと...事務局 at 08:16| Comment(0) | ずっと...のこと

2011年08月17日

県内に避難された被災者を支援する制度の説明会

230826 被災者支援制度説明会 チラシ_R.jpg

県内に避難された被災者を支援する制度の説明会
2011 年8月26日(金)10ー12 時

愛知県内に避難されている被災者の支援に役立つ制度と具体的な事例を説明します。各地域・市町村で支援に関わる方、ご参加ください。

○日時 8月26日(金)(午前10 時〜12時)
○会場 愛知県社会福祉会館 3階 多目的会議室(定員200人)
○対象 愛知県に避難された被災者支援に関わる行政職員、社会福祉協議会
    ボランティア、NPO、生協など支援団体・専門家
○内容(予定)
    県内に避難された被災者を支援する制度について
       愛知県弁護士会
       愛知県司法書士会
       愛知県社会福祉協議会
    事例紹介
       東日本大震災ボランティアセンターなごや
○資料「復興のための暮しの手引き これから」
   「チェックリスト」
○参加費 無料
○参加予約は不要です。直接お越し下さい。
○問合わせ先 愛知県被災者支援センター
    電話 052-954-6722
    月〜金 10:00〜17:00

会場 愛知県社会福祉会館
駐車場はありません。
公共交通機関を利用ください
地下鉄
桜通線「丸の内駅」下車(4 番出口)徒歩 8 分
名城線「市役所駅」下車(4 番出口)徒歩 8 分
鶴舞線「丸の内駅」下車(1 番出口)徒歩 8 分
主催 愛知県被災者支援センター
posted by ずっと...事務局 at 08:08| Comment(0) | リンクや関連情報

2011年07月25日

『「幸せになります」 被災者10組合同結婚式』河北新報2011/7/25

「幸せになります」 被災者10組合同結婚式 宮城大
 東日本大震災で挙式を見送っていたカップルに結婚式をプレゼントしようと、大和町の宮城大キャンパスで24日、県内のカップル10組を招いた合同結婚式が行われた。
posted by ずっと...事務局 at 16:58| Comment(0) | リンクや関連情報