2012年04月17日

「うごく七夕」で使って 熊本の有志が陸前高田へ寄贈(岩手日報2012/4/15)


http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20120415_7

 東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた陸前高田市の伝統行事「うごく七夕」に使ってもらおうと、熊本県内の有志が造った山車が14日、熊本市中央区二の丸の観光施設「城彩苑(じょうさいえん)」で披露され、華やかな飾りと祭りばやしが来場者を魅了した。

 「うごく七夕」は陸前高田市で江戸時代から続く夏祭り。街を練り歩く呼び物の山車は12台あったが、多くが津波に流された。

 山車の寄贈は「祭りくまもと 東日本応援隊」が計画。現地から送られた設計図を基に、熊本県玉名市の建築士、村田明彦さん(35)らが約3週間かけて木造の骨格(高さ約5メートル、奥行き約3メートル、幅約2メートル)を完成させた。制作費約500万円は募金などを充てた。

 神事の後、長さ約5メートルの竹ひごにピンクや萌葱(もえぎ)の和紙をあしらった「御簾(みす)」約800本を山車に装飾。太鼓や笛の奏者ら11人が乗り込み、本番さながらの祭りばやしを披露した。

 「祭りくまもと」の帆足秀樹代表(62)は「祭りを盛り上げ、被災地の復興に役立ちたい」と話した。

 山車は熊本市中央区黒髪の同市男女共同参画センター・はあもにいで16日から5月末まで展示。その後、解体し、トラックで陸前高田市に運ぶ。

(熊本日日新聞社提供)

【写真=陸前高田市の「うごく七夕」用に造られた山車=熊本市(熊本日日新聞社提供)】
posted by ずっと...事務局 at 06:38| Comment(2) | リンクや関連情報

2012年04月15日

第3回ふるさと交流会in一宮市(避難者交流会)にぎやかに実施されました。

第3回ふるさと交流会in一宮市(避難者交流会)4月14日アイプラザが開催されました。

交流会参加者は19世帯。大人24人、子供 21人。
僧侶お1人、弁護士4人、司法書士2人、医師3人にも参加していただきました。

運営は今井田さん率いる『ずっと...』被災者支援チーム。
「ずっと...」のボランティア、愛知県避難者センタースタッフに加え、大学生のボランティアや一宮生協の強力な協力により暖かく開催されました。

DSC00267_R.JPG
あまり意味のない写真ですが、プライバシー保護を重視して選択。
posted by ずっと...事務局 at 10:11| Comment(0) | レポート(報告)

2012年03月28日

陸前高田名物「うごく七夕」 山車骨格完成、贈呈へ

www.47news.jp/localnews/.../03/post-20120328120711.html

陸前高田名物「うごく七夕」 山車骨格完成、贈呈へ
東日本大震災で壊滅的被害を受けた岩手県陸前高田市の祭り「うごく七夕」に使う山車 を現地に贈る計画が県内で進んでいる。玉名市の工務店で26日、木造の骨格が完成 した。
posted by ずっと...事務局 at 18:19| Comment(1) | リンクや関連情報

2012年03月23日

第3回ふるさと交流会in一宮市(避難者交流会)4月14日アイプラザ

120414第3回交流会_案内パンフ_R.jpg

第3回ふるさと交流会in一宮市
名古屋から千ヨット北西 一宮で3回目の交流会になります。
ふるさとの吉葉で、ふるさとのことを話しましょう。


    手作りランチを食べながら楽しいおしゃべり
     法律、医療、子育て=・いろいろな相談
 あたらしい仲間、あたらしい出会い、交流の幅が広がります
    楽しいゲームですてきな〇〇〇を当てよう!
   キッズスペースもあり、お子様連れも大歓迎です

【日時】2012年 4月14日(土)定員30名
 食事会、交流会12:00−16:00
 懇親会    16:00−19:00(自由参加)


 懇親会では、これからの生活や支援のあり方について、避難者の方、支援者の方が一緒になって話し合う場にできればと思います。
【場所】アイプラザ一宮 住所 一宮市若竹三丁目1番12号
(一宮勤労福祉会館)
電話 (0586)77−6612
【参加費】無料です  ※交通費として、1家族1,000円を支給します

お申し込み・お問い合せ(裏面の申込用紙を利用ください)
NPO法人志民連いちのみや
TEL:090−2265−9188(星野) FAX:0586−72−8885
E−mail:info@shimin.org
 【受付時間】10:00〜19:00(月曜〜土曜)
 【申込締切り】 4月10日(火)
        (定員になり次第申込みを締め切らせて頂くことがあります)
 【申込方法】代表者のお名前、住所、電話番号、
       参加人数(お子様連れの方は年齢)、
       懇親会参加の有無を、お電話又はFAX、
       メールにてお申し込みください。
   ※頂いた個人情報こつきましては、この交流会以外では使用しません

19:00以降、日曜日の連絡は下記までどうぞ
『ずっと...』被災者支援チーム (今井田)
TEL:080−4212−9347
E−mail:ichinomiya.sien.net@gmail.com

主催:『ずっと...』被災者支援チーム
共催:一宮生活協同組合(COOP)
  NPO法人志民連いちのみや
  愛知県被災者支援センター
協力:一宮市、一宮市社会福祉協議会
  愛知県司法書士会
  愛知県弁護団

この事業は、あいちモリコロ基金の助成金を受けています。
一宮市市民が選ぶ支援制度対象事業です。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

参加申込み用紙
FAX番号:0586−72−8885
□必要事項を記入いただき、上記の番号へ送信ください。
□4月10日(火)締切り

posted by ずっと...事務局 at 07:55| Comment(0) | ニュース(最新情報)

2012年03月19日

ずっとトークvol.2開催されました(2012/3/18)

ずっとトークvol.2開催されました。

3月18日(日)午後2時〜4時
一宮スポーツ文化センター2階 第1研修室
参加無料

参加者19名

2012-03-18 14.09.11trim_R.jpg
今井田さんが、避難者の方々向けに取り寄せた、東北各地の3月11日付けの新聞


2012-03-18 14.29.56_R.jpg
この1年間を振り返って、実施した事業の内容や活動の経緯、いま思うことなど、そしてこれからどう取り組んでいくかの話が熱く繰り広げられました。
posted by ずっと...事務局 at 11:46| Comment(0) | レポート(報告)

2012年03月10日

ー第18回パーソナルサポート支援チーム会議・公開版ー大震災・原発事故による広域避難とパーソナル支援(3〜5年先の課題を探る)

120321_3月21日公開企画案内向井忍愛知県被災者支援センター120310_ページ_1_R.jpg

ー第18回パーソナルサポート支援チーム会議・公開版ー
大震災・原発事故による広域避難とパーソナル支援(3〜5年先の課題を探る)

2011年3月21日(水)2ー5時
愛知県社会福祉会館・3階多目的会議室(定員200名)
対象 支援者(県・市町村・社協・NPO・ボランティア連絡会・生協他)
愛知県への避難者、他県の支援組織、国・被災県、報道関係者・研究者

「愛知県での広域避難へのパーソナル支援(事前資料参照)」を振り返り、
全国や各分野の経験にも学び、3−5年先への中期的課題を探ります。
第一部 支援者から 広域避難者への個別支援にとりくんで
◯支援組織・ボランティアとして気づいたこと
◯県・市町村の取り組みでできたこと
第二部 当事者から 愛知県への避難と生活をふりかえって
◯災害時の避難と生活の自立について
◯原発事故と、避難する権利について
第三部 専門分野から 広域避難支援の中期的課題を想定して
◯専門家(士業・報道・研究者)として
◯国及び被災県、他府県の支援組織から

会場 愛知県 名古屋市丸の内2丁目 4-7
駐車場はありません。
公共交通機関でお越しください。
申し込み 電話052ー954ー6722 FAX052ー954ー6993 email mousikomi@aichi-shien.net
参加方法 極力市町村単位(行政・社協・NPO・ボランティア・生協など)で出席下さい。
参加される方は、地元市町村の災害支援窓口(裏面)にも連絡下さい。
事前資料を参照のうえ気づかれた課題や提案をお寄せ下さい(申し込み時)
主催 愛知県被災者支援センター・PS支援チーム

120321_3月21日公開企画案内愛知県被災者支援センター120310.pdf
posted by ずっと...事務局 at 06:53| Comment(1) | リンクや関連情報

2012年03月03日

一宮からの災害支援市民ネットワーク・・・ずっと一宮から支える「市民トーク」(会議)vol.2は3月18日(日)午後2時から

120318ずっと...トーク2flyer_ivory120302_R.jpg

ずっと... このまちで、支える、つなげる、続ける

一宮からの災害支援活動をしていく市民ネットワーク「ずっと...」では、昨年5月の結成以降、100人を超えるメンバーの間で真摯な議論を繰り返してきました。
その議論の中から、復旧ボランティアや七夕まつり支援、避難者交流会など10を超える事業が生まれ育ち、市民自らの責任で実行されてきました。
あの日から1年を経て、この春からの活動、私たちのありようについて、自由に話をする「市民トーク」を開催します。



ずっと...(一宮からの災害支援市民ネットワーク)
ずっと一宮から支える「市民トーク」(会議) vol.2


おもいを、地域のみんなで共有しませんか
何ができるか、何をしているか、何をすべきかなどを話し合う、誰でも参加できる、自由な場です。
ヒトの支援、モノの支援、おカネの支援、音楽による支援、七夕を通じた支援など、できること、得意なことで、話し合い、プランを考えませんか。

● 3月18日(日)午後2時〜4時 途中参加・退場可
● 一宮スポーツ文化センター2階 第1研修室
● 参加無料
*当日参加できない方は、www.zuttoe.netからメール配信の登録だけでもしてください。


市民プロジェクト2021
一宮市制100年を迎える2021年(平成33年) その時、私たちのまちは、どんな形をしているでしょう
『市民プロジェクト2021』では、十年後の「未来予想図」を市民の中から紡ぎだし、そこから「今、大切なこと」を考え、実践していきます

「市民プロジェクト2021」は「志民学校いちのみや」事業の第5年度として実施しています

志民学校いちのみや 第5期 (愛知県 あいちモリコロ基金助成事業 一宮市後援)
あいちモリコロ基金の助成金を受けています 

特定非営利活動法人志民連いちのみや www.shimin.org info@shimin.org 090-2265-9188 fax.0586-72-8885 491-0859一宮市本町4-12-7
posted by ずっと...事務局 at 10:48| Comment(0) | ニュース(最新情報)

3.11あの時間に、どこの寺院でも鐘をついてください「ともに、、鎮魂の鐘、祈り」

今井田さん代表の「ずっと...(被災者支援チーム)」発、いい活動です。




もうすぐ3月11日です311にお寺で鐘ついて120228今井田_R.jpg


ともに、、鎮魂の鐘、祈り
広報とご協力のお願い

3月11日の14時46分 その時間に一宮近郊のお寺に対し鐘をついて戴くお願いをしています。 キリスト教会、イスラム教モスクにもお祈りをお願いする予定です。

3月11日の14時46分というその時間に
「一宮・西尾張のあちらこちらから、お寺の鐘の音が聞こえてくる」
こんな風景が描けないか、を計画しています。
避難されている方の多くが、あの日は自宅で静かに過ごされるとお聞きしています。
避難されている方に届ける以外にも、「あの日」を多くの人と共有し再び思い起こしてもらうためにも、なんとか実現したいと思います。
また「お寺」だけではなく、できれば宗教に関わる多くの方たちの気持ちを、彼らに
そして被災地に届けたいとも思っています。
添付のような「お願いの手紙」を持参し、いくつかのお寺を廻りご説明に伺っています。
ぜひとも広報などのご協力をお願い申し上げます。


◆問合わせ、連絡先 ずっと...(被災者支援チーム)
〒491-0052 一宮市今伊勢町新神戸字郷中291-2
TEL:(080)4212-9347 (今井田)  FAX:(0586)72-8885
Eメール:ichinomiya.sien.net@gmail.com


「ずっと...」は、東日本大震災の復興を一宮から支援し続ける有志の集まりです。


続きを読む
posted by ずっと...事務局 at 08:19| Comment(0) | ニュース(最新情報)

2012年03月02日

ずっと...の3.11活動「ともに..鎮魂の鐘」「ライブ3.11 in 一宮競輪場」中日新聞記事

「ともに、、鎮魂の鐘、祈り」「ずっとライブ in 一宮競輪場」が、中日新聞に取り上げられました。

120302cnpo20ずっと鐘競輪場ライブ_R.jpg
120302中日尾張版p20

震災1年…響きあう日に
一宮の市民グループ 宗教超え「ともに鳴らして」
午後2時46分に「鎮魂の鐘」


東日本大震災の復興を支援する一宮市の市民グループが震災から一年を迎える十一日、市内の寺に鎮魂の鐘を鳴らしてほしいと協力を呼び掛け始めた。「鐘の音で被災者や被災地に静かに寄り添いたい」と話している。

一宮競輪場で復興ライブ
地元20組、歌で祈り

一宮市のNPO法人「志民連いちのみや」は東日本大震災から一年を迎える十一日、同市羽衣の一宮競輪場で、復興を願う音楽ライブを開く。


続きを読む
posted by ずっと...事務局 at 18:05| Comment(0) | リンクや関連情報

2012年02月29日

ライブ3.11 in 一宮競輪場 ずっと...一宮から(歌い、支え続けいく) 開催します

120311ずっとライブ競輪場120301_R.jpg



ライブ3.11 in 一宮競輪場
ずっと...一宮から
(歌い繋ぎ、支え続けていく)

決してイベントではない。静かに、しかし強く祈り、歌う。
この日に始まった苦しみを私たちの中に少しでも組み入れ、このまちが共鳴するように。
ここから新たな支援をまた始めていきたい。歌い、支え続けていくことでも。
私たちが、この日に歌うべきか?…この問いへの答えが出ないまま、競輪場の南西角に小さなステージを作り、あの大きな天災が起きた時の前まで歌い、奏でます。それからは一人一人で多くの命に祈りをささげ、復興への願いを形にしていきましょう。
この一年、この地域で、東北への想いを歌い、奏でてきたミュージシャンたちが、一曲ずつ、歌い繋いでいきます。

■ 日時: 2012年3月11日(日)午前10時〜午後2時30分 (のち各自で黙祷)
■ 場所: 一宮競輪場南西奥角地(南側ゲートから入り、左へまっすぐお進みください)
■ 出演: この地域に深くかかわり、趣旨に賛同するミュージシャンたち(無料出演)
■ 費用: 無料ですが、少しずつでもカンパお願いします(全額を東北への支援金とします)
■ 交通: 車では国道22号「富士3丁目」を市街地方面(西)へ、国道155号沿いに約1km
     ⇒ 周辺に競輪場駐車場あり(無料)
     鉄道では、競輪場と一宮駅間の無料送迎バス乗り場あり 
     ⇒ 一宮駅コンコース南通路(名鉄とJR改札の間、ベルマートの横)を進んだ所
■ 主催: 特定非営利活動法人志民連いちのみや
■ 協力: 一宮競輪場  日本競輪選手会愛知支部  ずっと...(一宮からの災害支援市民ネットワーク)

市民プロジェクト2021

一宮市制100年を迎える2021年(平成33年)
その時、私たちのまちは、どんな形をしているでしょう
『市民プロジェクト2021』では、十年後の「未来予想図」を市民の中から紡ぎだし、そこから「今、大切なこと」を考え、実践していきます

「市民プロジェクト2021」は「志民学校いちのみや」事業の第5年度として実施しています

志民学校いちのみや 第5期
あいちモリコロ基金の助成金を受けています 一宮市後援

特定非営利活動法人 志民連いちのみや (担当 星野) http://www.shimin.org
メールinfo@shimin.org 電話 090-2265-9188 fax.0586-72-8885 〒491-0859愛知県一宮市本町4-12-7
posted by ずっと...事務局 at 07:25| Comment(0) | ニュース(最新情報)