2013年02月10日

ライブ3.11 vol.2 in 一宮i- ビル ずっと... 一宮から(歌い、支え続けていく)

昨年は競輪場で開催し、たくさんの方に支援・協力いただき、また歌い繋いでいただいたライブを、今年も開催します。

昨年も今年もコーディネートしてくれている森香のメッセージがこのブログの末尾にあります。ぜひご覧ください。

130311ライブ311vol2フライヤー130207_R.jpg


ライブ3.11 vol.2 in 一宮i- ビル
ずっと... 一宮から
(歌い、支え続けていく)


決してイベントではない。
静かに、しかし強く祈り、歌う。
この日に始まった苦しみを、私たちの中に少しで
も組み入れ、この街が共鳴するように。
ここから新たな支援をまた始めたい。歌い、支え
続けていくことでも。
私たちが、この日に歌うべきか?…この問いには
今も答えが出ないまま、あの大きな天災が始まっ
た時刻の前まで歌い奏でます。
それから一人一人祈りをささげ、復興への願いを
形にしていきます。

● 3 月11 日( 月)10 時から14 時30 分まで その後各自で黙祷
● 尾張一宮駅前ビル( i- ビル)3 階 シビックテラス
● 中部地域で東北への想いを歌い、奏で続けてきたミュージシャンが歌い繋ぎます
* ユーチューブでの参加も歓迎 チャンネル「ずっと 一宮」)
● カンパはすべて東北への支援金とします
● 主催 ずっと... ( 災害支援と減災の一宮市民ネットワーク)
  http://www.zuttoe.net info@zuttoe.net
  企画運営 NPO 法人志民連いちのみや
http://www.shimin.org info@shimin.org

フライヤーPDF130311ライブ311vol2フライヤー130207.pdf



森香のメッセージ
この小さな日本は大陸棚の端に有り、何度も大きな天災に見舞われてきました。
天災とともに生き自然への畏怖と尊敬の念を持って暮らして来たのがこの列島に住む人間の姿なのです。
災いの時こそ支え合ってきたからこそ私たちはここに生まれ育つことができたのだと思います。

二年前の震災は被害に遭った人にとって人生を全く変えてしまう出来事だったと思います。遭わずに済んだ人にはとうてい想像も出来ない経験をされたことと思います。
わかり得ないこと、これは被害に遭わずに済んだ人間にとっても辛いことです。大きな溝ができてしまったからです。
対岸から顔も見えずどんなに大声を出してもやっと声が届くくらい、増してや何を言ってるのかも聞こえず、被害にあったみなさんの声も聞こえない。
そんな状態のまま、早くも二年が経とうとしています。

それを私は越えようとしたのか?
改めて自分のダメさに気が付きグルグルになった頭の中でいつの間にか忘れ去ろうとしている幾つかのことを思い出しています。
特に去年の3/11祈りの歌い繋ぎの中で「何にもできないでごめんなさい」と思うのは今日限りにしようと思ったことが未だに解決出来ないことが情けなくてたまりません。

ただ、決して動きを止めてはいかんと思うのです。
去年歌い繋いだことで皆の二年目の始まりが確認出来たように三年目を初めなかんのです。
これからこの列島で生きて行く人々のために。平和な日本が生まれるように。
相変らず祈るだけの日になるかもしれません。
いや、自戒の日になってしまうかもしれません。
ただ、この列島に暮らすものとして誰一人として孤立させないと伝える。
それが歌い手の役割なのではないかと思います。
支えあわなければこの列島では生き延びることなど出来ないのです。

去年より辛い会になるかもしれませんが、今一度祈りの集会に集まってください。
そして、心から歌い楽しむという形で祈りの列に加わっていただきたいと思います。

2013年1月3日
日本の旅のうたうたい
アンポンマン 森香
posted by ずっと...事務局 at 16:24| Comment(2) | スケジュールや予定
この記事へのコメント
はじめまして、突然のコメント失礼致します。
一宮市在住で、弾き語りのライブ活動をしております、尾関文香と申します。
『ひこざえもん』のマスターより、ライブ3.11を紹介して頂き、ぜひ出演させて頂けたらと思っております。
震災当時、友達の安否を確認することしか出来なかった私です。自分がいつも多くの方々から頂いている力を、
歌で少しでも別の方へお返しすることが出来ればと思い、ライブ活動をしております。
何卒よろしくお願い致します。

また、私のボイストレーナーの先輩のボーカリストの方も、ぜひ参加させて頂きたいとのことです。
普段はピアニストの旦那様と共に活動をされている方なのですが、
3.11ライブの日は旦那様がお仕事のため、もし参加させて頂けるのであれば旦那様のピアノを録音した音源にあわせて歌わせて頂きたいとのことなのですが、そのような形態の出演は可能でしょうか?
音源に合わせて歌われる際は、CDもしくは、ミキサーにiPhoneを繋いで、音源を流して歌っていらっしゃいます。
震災当時より私たちに何が出来るのか、ということを一緒に話していた先輩ですので、大変不躾なお願いですが、一緒に出演させて頂ければと思います。

長々と申し訳御座いません。
お時間のある時に、ご回答のほどよろしくお願い致します。

尾関 文香
stm_vooofumi0425@yahoo.co.jp
Posted by 尾関文香 at 2013年02月19日 22:34
一宮市本町でひこざえもんという小さなお店をさせて頂いております。
3月11日ぜひ参加させて頂きたいと思います。
よろしくお願い致します。
Posted by 大久保清次郎 at 2013年02月22日 11:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: