2012年10月18日

震災避難者の皆さんとともにつくる「食プロジェクト」

東北から尾張地方へ避難してこられた皆さん、とりわけお子さんをお持ちの方の、安心な土と種から作った安全な食材を食べたいというニーズに応えて、一宮市内に農地を借り、作物を一緒に作り、食べようという企画です。継続する企画ですので、19日がダメでも、ぜひどれかにご参加ください。



121019一宮生協北部支部ボランティアの会避難者支援農業_121018草田_R.jpg

震災や原発事故により愛知県一宮市へ来られている皆様へ!!
 食プロジェクト

私たちは考えました。
こちらに避難されている方へ安心安全な食材を提供するために、
さらに地域住民との交流を図るために、皆様とともに農園を管理して
実りある収穫を目指していきます。実った野菜を  一緒に収穫しましょう

日時 10月19日(金)9:00〜10:00 ※雨天中止
内容 ブロッコリーの苗付け 参加無料
持ち物 タオル、軍手
 ※軍手はいくつかご用意しますが、ぜひご持参ください。
 ※日差し対策のため、帽子の着用をお勧めします。
 ※動きやすく、汚れてもいい服装でお越しください。


【野菜の収穫スケジュール】
9 月22 日……………………芋ほり ※終了しました
11 月予定……………………土づくり、苗床つくり
12 月以後の予定…各種野菜の苗付け、草むしりなど

※天候状況や諸事情により、スケジュールの前後や内容変更する場合もあります。
※イベント開催の度に、事前にご案内を差し上げる予定です。

■ 事前のお申し込みやお問い合わせは
一宮生活協同組合 北部支部 ボランティアの会  代表 伊藤寛子 090-6572-8260
※月曜日〜金曜日の午前9 時〜午後5 時 
※折り返しお電話を差し上げる場合もありますので、予めご了承ください。
■ 主催
一宮生活協同組合 北部支部 ボランティアの会
〒491-0918 愛知県一宮市末広2 丁目19 番1 号 一宮生活協同組合内 Tel.0586-45-3261
■ 共催
特定非営利活動法人 志民連いちのみや、一宮市民による被災者支援活動 ずっと…
posted by ずっと...事務局 at 11:53| Comment(0) | ニュース(最新情報)