2012年02月29日

ライブ3.11 in 一宮競輪場 ずっと...一宮から(歌い、支え続けいく) 開催します

120311ずっとライブ競輪場120301_R.jpg



ライブ3.11 in 一宮競輪場
ずっと...一宮から
(歌い繋ぎ、支え続けていく)

決してイベントではない。静かに、しかし強く祈り、歌う。
この日に始まった苦しみを私たちの中に少しでも組み入れ、このまちが共鳴するように。
ここから新たな支援をまた始めていきたい。歌い、支え続けていくことでも。
私たちが、この日に歌うべきか?…この問いへの答えが出ないまま、競輪場の南西角に小さなステージを作り、あの大きな天災が起きた時の前まで歌い、奏でます。それからは一人一人で多くの命に祈りをささげ、復興への願いを形にしていきましょう。
この一年、この地域で、東北への想いを歌い、奏でてきたミュージシャンたちが、一曲ずつ、歌い繋いでいきます。

■ 日時: 2012年3月11日(日)午前10時〜午後2時30分 (のち各自で黙祷)
■ 場所: 一宮競輪場南西奥角地(南側ゲートから入り、左へまっすぐお進みください)
■ 出演: この地域に深くかかわり、趣旨に賛同するミュージシャンたち(無料出演)
■ 費用: 無料ですが、少しずつでもカンパお願いします(全額を東北への支援金とします)
■ 交通: 車では国道22号「富士3丁目」を市街地方面(西)へ、国道155号沿いに約1km
     ⇒ 周辺に競輪場駐車場あり(無料)
     鉄道では、競輪場と一宮駅間の無料送迎バス乗り場あり 
     ⇒ 一宮駅コンコース南通路(名鉄とJR改札の間、ベルマートの横)を進んだ所
■ 主催: 特定非営利活動法人志民連いちのみや
■ 協力: 一宮競輪場  日本競輪選手会愛知支部  ずっと...(一宮からの災害支援市民ネットワーク)

市民プロジェクト2021

一宮市制100年を迎える2021年(平成33年)
その時、私たちのまちは、どんな形をしているでしょう
『市民プロジェクト2021』では、十年後の「未来予想図」を市民の中から紡ぎだし、そこから「今、大切なこと」を考え、実践していきます

「市民プロジェクト2021」は「志民学校いちのみや」事業の第5年度として実施しています

志民学校いちのみや 第5期
あいちモリコロ基金の助成金を受けています 一宮市後援

特定非営利活動法人 志民連いちのみや (担当 星野) http://www.shimin.org
メールinfo@shimin.org 電話 090-2265-9188 fax.0586-72-8885 〒491-0859愛知県一宮市本町4-12-7
posted by ずっと...事務局 at 07:25| Comment(0) | ニュース(最新情報)